iPhoneの画面が付かない、調子が悪いときはどう対処すればいいですか?

iPhoneやiPadのようなアップル製品の場合は強制再起動をすることによって改善する可能性があります。

 

iphoneをずっと使ってきてバッテリーの減りが早くなってきた、アプリの操作がもたつくようになってきた、また画面が付かないなど調子の悪いことがよくあります。

その際はバッテリー交換や修理をしようと考える人もいますが、まだ原因が分からない状態で判断するよりはまず強制再起動というものをやって普段どおりに使えるかどうかを確かめた方がいいと思います。

 

iphone6sまでの機種(ホームボタンが押せるタイプの機種)

右上の電源ボタン(スリープボタン)とホームボタンを同時に押し続けます

画面が暗くなりリンゴのマークが出てきたら指を離します。

 

iphone7シリーズ

音量を下げるボタンと電源ボタン(スリープボタン)を同時に長押しします。

画面が暗くなりリンゴのマークが出てくれば指を離します

 

iphone8、Xシリーズ

音量を上げるボタン→音量を下げるボタン→電源ボタン(スリープボタン)を長押し

画面が暗くなりリンゴのマークが出てくれば指を離します

 

これをやることで大抵の症状は改善するはずです。また使用しているiosを最新のものにアップデートすることで、同時に再起動もされ同じように調子の悪かったことが良くなる場合もありますのであわてずにこの方法を試してみてください。