ヤフオクとメルカリ、どちらがいいのでしょうか?

メルカリはすぐに売ってしまいたい場合、

ヤフオクは長期戦で商品陳列する場合。

 

と使い分けるのが賢い方法です。

メルカリがヤフオクについで個人間の商品流通サービスとして力をつけていて若い人からすればメルカリのほうがスマホにおける参加も容易なため人気ですが、どちらがいいのかといえばそれぞれに一長一短があります。

 

メルカリの場合は出品したのと同時に閲覧者の目に留まりやすいことと、即決で契約が成立すること、また送料込みでの価格設定が多いため、すぐに決断をしないとすぐに売れてしまうおそれがあるのでとりあえず物を売りたい、身近なもを断捨離したいという人にはおすすめです。

ヤフオクに関しては従来からの顧客が多いことで陳列している商品も圧倒的に多いです。しかしオークション形式のためすぐに契約成立というわけでもないことと、価格を低めに設定しないと入札も来ない状況のため、高値取引を期待するのは難しいといえます。また送料も別にされている場合が多いので出品する側からすればすぐに売れなくてもずっと掲載することを前提に考えれば悪くは無いでしょう。逆にメルカリの場合は出品時に注目されなければずっと検索の下のほうに追いやられるため見つけられないというデメリットがあります。

入金に関してはどちらも取引が終了された後に振り込まれる形式になっているため商品が届くまで、届いたことを通知されるまでやきもきするかと思いますがこれも安全に取引をするための措置なので便利になった部分と不便になった部分両面を感じるのが現状です。